iPhone4Sの充電をQiにしてみた

割と会社の机の上がカオスで、iPhone充電しようと思ってもケーブルUSB挿すのもちょっとめんどくさいし、ケーブルが絡まりまくって大変なことになるので、心機一転、iPhoneにQi充電できるようになるカバーつけてQiで充電するように変えた。ということを考えていて、AliexpressとかでQiの充電ケースを探したりしてたら、サンワサプライのやつが アウトレット だけど、880円で売ってたので、これを即決で買ってみた。

iPhone4S_Qi_Case

割とゴツイけど、まあ許せるレベル。

チャージャーは、ちょっと前に嫁さんが買ったドコモのSHARPのAndroidケータイに付属してきたワイヤレスチャージャー01を持ってたので、これを会社に持ってきた。とはいえ、このケース、装着しちゃうと、Dockコネクターを潰してしまうという割り切り仕様なので、このままだと、チャージャー(トランスミッターという呼称が正しいんでしょうか。)がある会社でしか充電できなくなっちゃう、という切ない状態。

というわけで、チャージャーを追加で購入しようと思って探したんだけど、ヤフオク中古なら2000円以下のもなくはないみたいなんだけど、振込手数料やら、送料やらを考えると、2500-3000円くらいはかかりそう。

そこで、Aliexpressの出番ですよ。適当に検索するだけで、$25くらいでいろいろ売ってるみたい。ということで、チャージャーはAliexpressで注文してみた。具体的に、注文したのは、 具体的には、Qi Wireless charger transmitter module pad with charger and usb cable にした。円安もあってあまり安い感じはないけれど、これはチャージャーへの給電がUSBコネクタなものからでも給電できるケーブルがついてきてて、5Vで給電できるのでこれにしてみた。一応、PSE的な話もあるので、ACアダプタは付属のは使わない方向にしようかなーと思ってます。

全体的な使用感としては、まだ2日しか使っていないけれど、かなり快適です。とりあえず、適当に置いておけば充電されるので、行動が習慣化さえされれば、充電忘れが激減しそう、という感触。ケース側が結構ゴツイのだけが今のところ最大の難点。

iPhone4S_Qi_Charge

  充電されている様子。意外と充電早い。このケース買うときは意識してなかったけど、1Aまで受電できて急速充電できてるっぽい。

Qi対応製品はほかにも、Qiなモバイルバッテリー QE-PL201 も愛用しているので、充電用のパッドというか、チャージャーを充実させていきたいところ。もう少し安くならんかなー。ナナメ置きできる こういう やつが2000円切るくらいで買える世の中になって欲しいなー。