ちびファイ2はUSB-Ethernet側をWANにできればいいのに

今年になってくらいにいろんなメーカーから出てきているスティック型のポータブル無線LANルータ(USBから電源とってEtheretポートとWiFiが載ってるやつ)のうち、PLANEXの ちびファイ2 MZK-UE150N を買いました。

なんでコレにしたかというのは、一点だけで、この手のやつの中で唯一、USB側が電源とるだけでなくて、USB-Ethernetの変換アダプタとして動作するんですよね。なので、Macとコレを別途Ethernet経由で繋がなくても、USB側だけピロッとなる感じで繋いぐと、デフォルトだと、このルータのLAN側のネットワークに参加している形になります。とりあえず、緊急避難的にUSB-Ethernetアダプタとしても使えるのと、iPhoneと同一ネットワーク内に居たいことができた場合には、iPhoneをこいつに繋げばEthernetケーブルなしでも接続できるというのが利点ですね。

../../../_images/chibifi_body_thumb.jpg

 実際につないでる見た目はこんな感じ。

で、こっからが本題ですが、期待していた点がもう一つあって、USB-Ethernet側をWANに設定して、Macでインターネット共有を有効にすれば、こいつにつないだiPhoneから外に出て行けないかなという期待をもっていたのですが、どうもUSB-Ethernet側をWANとして扱うことはできないようです。

こういうつなぎ方をしたい理由は単純で、外でというか、スタバでよくMac開いていろんな作業やってるときは基本的にフレッツスポットのPPPoEを使っています。今更感が溢れるとかそういうツッコミを受けるかもしれないのですが、フレッツスポットがNTT-SPOTという名前のSSIDを飛ばす前から使ってたので、すでに設定済みなのをわざわざ変える必然性がない、という話とPPPoEだとちゃんと自分のプロバイダのIPがグローバルで降ってくるのでこっちを使いたいという話で、フレッツスポットでのPPPoEを使っています。というわけで、基本的に、iPhoneとかはフレッツスポットには繋がらないんですよね。とはいえ、3Gのままというのもアレだし、別途NTT-SPOTとかau_WiFiとかつかうのもめんどくさいし、au_WiFiは遅いイメージがあって使いたくないなぁということで、できればMacでPPPoE接続してもっているインターネット回線をそのままiPhoneでも使いたいとおもう瞬間があります。このときに、ちびファイでUSB-Ethernet側がWANにできれば、EthernetケーブルもなしにUSBにつなぐだけで、インターネット接続共有でさくっとWiFiつながるようになるやーんとおもって、期待して買ったんですがさすがにそこまで柔軟には設定できませんでしたというお話。

../../../_images/chibifi_ether_thumb.jpg

というわけで、仕方なく利用するときは別途Ethernetケーブルをつないで、すげー不格好なことになっていて、意味ない状態。

おまけ

../../../_images/iodata_mobile_router_thumb.jpg

とかいいながら、実はIO-DATAの同じようなやつも買ってしまっているのはご愛敬。

こうやってみると、結構、PLANEXのほうがでかいのが分かりますね。