ドコモの「ワイヤレスチャージャー03」をNexus7の充電用に買った

Wireless Charger 03

ワイヤレスチャージャー03本体。結構コンパクト。

Nexus7(2013)のWiFi 16GBモデルを当初の予定通り、ソフマップのたまったポイントで入手しました。こっちはこっちでいろいろ問題が起きたのですが、今回はそれは置いといて。

Nexus7といえば、Qi対応があります。これまでもiPhone4S,iPhone5にはQi充電対応のケースをつけて使ったり、Qi対応モバイルバッテリを持ち歩いたりで、Qiでの充電はすでに日常生活に溶け込んでいます。当然、Nexus7に関してもQiでの充電での運用にしていきたいところです。

とすると、意外に困りそうなのが、充電器です。現状では、自宅と職場に同時に1つずつ充電器を設置しています。それを基本的にはiPhoneの充電用として使っており、それ以外にモバイルバッテリー(QE-PL203)をつかった場合には、その充電にも使うことがあるという感じで利用しています。Nexus7の用途は基本的には自宅で寝る前などに本を読んだり、動画を見たりするために使うのが大半なので、この自宅用の1つの充電器を使い回してもよいのですが、さすがにQi充電用のデバイスが増えてきてバッティングすることも増えそうで、不便になってしまいそうです。というわけで、充電器を増設することにしました。

で、充電器をいろいろと見繕ったのですが、そもそもというところで、充電器にあまり金をかける気にもなりません。ケーブル挿して充電するなら、数百円で実現できるところに、便利になるとは言え、高い金かけてQi用の充電器を準備するというのはちょっと感覚的に厳しいものがあります。というわけで、とりあえず安いものを買おうという方針で行きます。金をかけてもいいなら、パナソニックのChargePadで、可動コイルで順番に充電してくれるってのは私の用途だと、寝てる間に充電されていれば良いので、結構合ってる気がするので欲しいのですが、まあ如何せん高いです。可動コイルだと充電時のデバイスの位置を微調整しないでよいところなんかも魅力なんですけどねー。

ということで、値段重視というときは、お得意のAliexpressで安いものをということで探してみたというか、今自宅にあるものはAliexpressで$25ぐらいで買った5Vで入力できるタイプのもので、USBから適当に給電して使っています。 これ ですね。普通に使えてはいるのですが、iPhoneを充電しているとたまに見失って給電中止→数分足すと充電再開みたいなちょっと残念な動作をすることがあるのがたまにキズです。あとは充電の位置が割と分かりづらいです。サイズがちょうどいいものであればいいんですが、そうでないモバイルバッテリなどを充電する場合は結構位置の微調整をしてLEDが点灯する位置を手探りで見つける必要があります。まあ、そんなもんという気もしますが。このタイプは今買うと、$20弱で買えるようです。

で、本題です。結局、Aliexpressで探していたのですが、それと同じくらいの価格で日本でも簡単に手に入るのが、ドコモのワイヤレスチャージャー03です。今年の6月末くらいに発売された製品で、ドコモショップでも2200円程度で手に入ります。さすがに可動コイルタイプではないですが、位置合わせはLEDで知らせてくれるのと、Aliespressのと違って、三洋電機製という安心感もあります。コンパクトなタイプで、滑らないラバーが付属品として付いてくるようです。

実際の購入に関しては、ドコモショップではなく、ヨドバシの店頭受け取りでポイント10%がつくようだったので、こちら で注文して受け取りしてきました。現時点(2013/09)では、各店舗とも在庫も潤沢のようです。これなら、おおよそ2000円程度で手に入るし、Aliexpressと違って即日入手することができました。

Qi products

手元にあるQiに対応した製品たち。

参考までに、Nexus7を充電してみた動画が コチラ さすがにタブレットのサイズだと、充電器が小さすぎて位置調整に若干手間取ります。が、まあLEDを頼りに充電できるので許容範囲かな。ワイヤレスチャージャー03のほうはおそらくiPhoneの充電用として使います。

2000円程度で手に入るQiの充電器として、ドコモのワイヤレスチャージャー03は結構オススメ。